WEBに散らばる面白い動画&画像を毎日お届け!

1800年代に作られ今なお現存する、美しく精巧なグラスサンドアート

透明なガラスの瓶に色とりどりの砂を詰めて瓶の壁面に絵を描くグラスサンドアート。なんと1800年代に制作されたグラスサンドアートが200年以上の時を経て、今なお現存していました。

200年経っても色褪せない、砂で精巧に描かれた素晴らしい作品をご覧ください。

1.これらのグラスサンドアートは1800年代にアイオワ州で採取された砂を使い芸術家のAndrew Clemens氏が制作した。
009_R002_R

2.砂を着色することなくすべて自然の色彩を生かして使用した。作品は13歳の夏休み期間に作られ始めた。
008_R

3.ヒッコリースティックや手作りの道具を使い、化学薬品を入れる瓶の中に砂でさまざまなパターンの模様を描いた。
007_R

4.彼はグラスサンドアート作りにどんどんのめり込み、作品のクオリティを上げていった。
007_R

5.作品を作るスピードは凄まじく早かった。通常の人間ならば数年はかかるかもしれない。
005_R

6.完成した作品は5~7ドルで販売された。作られた作品の数は数百あると思われる。
004_R

7.現存している作品の数は少なく、最近、アイオワ州で行われたオークションで45000ドルで落札された。
003_Rソース

もっと面白い記事もあるよ!

スポンサード リンク

もっと面白い記事もあるよ!

最近シェアされた記事